180413-fujisaka-good

どうやって選ぶ?失敗しないリフォーム会社の選び方


「そろそろリフォームしようかな・・・」と思っても
少し調べただけでもたくさんのリフォーム会社があって、

「どこに依頼すればいいのかわからない!!!」と、結局リフォームを見送ってしまった・・・という経験はありませんか?

リフォーム会社も、大小合わせると大変な数になります。

自分自身や大切な家族が生活する、大事な大事な空間ですから、リフォームは絶対に失敗したくないですよね。
ましてや、リフォームするのも結構お金がかかります。
高いお金を支払って、「失敗した!」なんてシャレになりません。

リフォームを失敗しないために何が重要かというと、「失敗しないリフォーム会社を選ぶこと」です。
この記事では、「会社の選び方」に焦点を当てて、詳しくご紹介したいと思います。

180413-fujisaka-house-iroiro

1.リフォーム会社の過去の実績内容や件数の多さ

リフォーム会社の選び方で最も重要なことは、「信用度の高い会社、すなわち過去の実績や件数が多い会社」を選ぶことです。

このとき、単純な件数の多さだけではなく、その会社が、「あなたがしたいリフォームの内容」により近い実績があるかどうかを注視しましょう。

 

単純に件数が多いだけでも、信頼できる会社であるという証明にはなるでしょう。さらに、昔よりも最近の実績が多い会社は、ここ数年、顧客数を伸ばしているということであり、お客さんからの支持を増やしていると予想できます。

過去の実績や件数、リフォームの内容を確認するには、各社のホームページをチェックするのが近道です。

リフォーム会社に直接問い合わせる前に、ホームページのビフォーアフターの写真や、過去の事例などをチェックし、希望するリフォーム内容に似た実績があるか確認しましょう。
その後、資料請求や問い合わせをして、さらに詳しい資料や事例を見せてもらうと良いでしょう。

 

また、ホームページを閲覧した際には、お客様の声(口コミ)ページも合せてチェックしておきましょう。実名で、かつ、お客さんの顔写真などが表示されてある方がより信憑性が高そうです。

 

 

2.リフォーム会社の得意分野に合っているか

リフォーム会社と一口にいっても、全て同じ技術を持っているかというと、そうではありません。

「水回りのリフォームが得意」な設備系の会社や、「大規模なリフォームや増築が得意」なハウスメーカー、

「エコや自然素材なの素材にこだわりを持っている」ナチュラル系会社、「スタイリッシュなデザインが得意」な個人の設計事務所などなど、会社によってさまざまな特徴があり、得意分野は違います。

 

あなたのリフォームしたい箇所や規模、デザインなど、こだわりを明確にして、それを得意分野とする会社を選びましょう。

 

180413-fujisaka-teian-man

3.リフォーム会社担当者の提案力の高さ

リフォーム会社を選ぶにあたって、担当者の提案力にも注目しましょう。
依頼する側の私たちはリフォームに対して、どうしても専門的な知識が不足しています。細かいところまでは目が届かない、気付かない部分も多いです。

したがって、担当者の提案力、対応の良さは非常に重要です。
「打ち合わせにしっかり時間をかけてくれるか」、
「住む側の目線で分かりやすく説明してくれるか」、
「要望がきちんと形になるか」、など、担当者が親身になってサポートしてくれるかどうか、しっかりと判断しましょう。

 

また、メリットばかりを強調する担当者には要注意です。
リフォームには「構造やサイズ」「素材」など、細かな項目がたくさんあり、それぞれに特徴があります。
リフォームをしても、住む側にとってメリットになることだけではありません。デメリットについてもきちんと説明してくれるかどうかも重要なポイントです。

 

180413-fujisaka-yosan-dentaku

 

4.予算内におさまるか、費用を抑えられるか

当然ですが、リフォームするのにはお金がかかります。決して安い金額とはいえません。
リフォームの費用をどのくらい抑えられるか、予算内におさまるかどうかも、リフォーム会社を選ぶときの指針となります。

 

リフォームを検討した際は、必ず複数の会社から「相見積もり」をとるようにしてください
リフォームは何回も続けてするものではないので、1社だけでは相場がわかりません。相場がわからないままリフォームを進めてしまうと、実際は抑えられる費用でも、そのまま払ってしまうことになります

 

相見積もりをとることで、同様のリフォーム内容でもより安く抑えられる会社を選ぶことができます。もしかすると、値引きの提案をしてくれる可能性もあります。

 

しかし、「急な大幅割引」をする会社には注意しておきましょう。
まれに、予算オーバーでリフォームを渋っていると、急に大幅な割引をする会社があります。過度な値引きにはそれなりのワケがあります。「実は割引後の値段が本当のリフォーム費用」なんていうこともありえないとは言い切れません。

逆に、「安すぎるリフォーム」も怪しいです。
あまりに安すぎるリフォームを提案してくる会社は、もしかすると、安い材料ばかりを使っていたり、施工がおざなりなのかもしれません。せっかくリフォームをしても、その後、次々と不良な箇所が見つかって、数年後にまたリフォームしなければいけないケースも少なくはありません。

 

相見積もりをとっていれば、大体の相場がわかるので、高すぎる・安すぎる怪しいリフォームに引っかかることはなくなるでしょう。

 

180413-fujisaka-mentenance

 

5.保証制度やアフターメンテナンスの体制

新築住宅と異なり、リフォームの場合は、引き渡し時に生じた不具合を無償で修理する、「瑕疵担保責任」の期間が定められていません。

 

リフォーム会社によっては、何か不具合が生じた場合の保証期間を設けているところも多数あります。万が一のときのために、保証はあるに越したことはありません。

ホームページや、問い合わせ、見積もりの際には、必ず保証制度や保証の範囲、アフターメンテナンスの有無など確認しましょう。

 

手厚い保証やアフターメンテナンスの体制が整っている会社は、信頼できる会社であるという判断材料になると同時に、リフォーム後にも大きなメリットになりますので、見落とさないようにしっかりチェックしておきましょう。

「失敗しないリフォーム会社」を選ぶには、各社のリサーチが重要になります。
色々な会社のホームページをチェックして、理想のリフォームが実現できそうか、しっかりと判断していきましょう。

 

当社の事例お客さまからの口コミも是非チェックしてみてくださいね。
何かお困りのことがあれば一度ご相談ください。
あなたの理想のリフォームを実現するために、親身になってご提案させていただきます。
お問い合わせ・ご相談はこちらから。